読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sho's team ブログ

好奇心旺盛なので幅広いジャンルを扱って自由に書きます!読んでくれる方の皆様がShoのチームだと勝手に思っています。よろしくお願いします^_^

エグすぎYoutuberヒカルさんの交渉術

f:id:team-sho:20170520063751j:image

 

Youtuber(ユーチューバー)のヒカルさんをご存知だろうか?

 

間違えなく、日本で1番波に乗っているユーチューバーです。

 

テキ屋の祭りクジでニュースにもなり、テレビ出演もして、再生回数がエゲツなく伸びています。

 

そんなヒカルさんの動画が話題となっている。それは関西コレクションにアポなしでいきなり交渉して出演したい。という無謀な試みだ。

 

そんな交渉をいとも簡単に成功させた。名刺すら持ってきていない、そんな状況の中でヒカルさんは交渉に成功した。

 

私自身、その動画をみて鳥肌が立った。物凄く交渉が上手だったし、その動画のコメントの多くは『営業うまい、交渉うますぎ、プレゼン力やばい』そんな言葉であふれている。

 

交渉の中で最初は役員の方も『ヒカルさんがどこまで人気あるのかわからないんですけど〜。。』と半信半疑の状態だが、役員さんが徐々にヒカルさんのペースに引き込まれていく。

 

終いにはこのようなやり取りがあった。

 

ヒカルさん『ホームページのサーバーダウンさせるくらい集客しますので〜』と言っている。

 

役員のお偉いさん『運営体制強化して待ってますよ!』と言っている。

 

結果として、関西コレクションのHPのサーバーが非常に重くなっていたり、ダウンたみたいだ。笑

 

実際にヒカルさんの影響力は凄まじいものだということの証明ではないだろうか。この動画はビジネスマンのみなさんは学ぶことが凝縮されていると思う。

 

彼のトーク力は本当に一流そのものだ。彼自身、かつてトップの営業マンということもあってか物凄いプレゼン力だ。

 

この動画を見れば、なぜヒカルさんが、かつてトップの営業マンだったのか説明は不要だろう。ぜひみてみて頂きたい。

 

https://www.youtube.com/embed/nJ_i7psodPo

 

今年の関西コレクションは、ファッションだけでなく違う意味で盛り上がることは間違いないだろう。

 

 

 

ブログって自由に適当に書けばいいんだよ

f:id:team-sho:20170520040242j:image

今までWordpressで主にネットショッピングのやり方について詳しく事細かに記事を書いてきたせいか、どうしても堅苦しい文体になってしまう。

 

ただ、ハテナブログをあれこれ色んな方の記事を読んでいると、そこまで堅苦しい文章で書いてないと感じる。

 

・プロフィールをどのようにすればいいのか?

・文末は『〜である』もしくは『〜です』にした方がいいのか?

・文字は何千文字くらい書けばSEOで強いのか?

・どんな記事がアクセスを集めるのか?

・タイトルをつけた方がいいのか?

・第一人称は『私?それとも僕?』

・行間はどれくらい空けるか  etc.

 

もちろん、ブログだから読みやすいにこしたことはないが、そんなことより人が見ているのは、もっと深い部分の『その人の人間性、生き方』そんな所なんだと思う。

 

今までどれだけWordpressで情報発信をしてきてたのに、縛られていたのかということに気づかされる。

 

結局、ブログは自由に書けばいいのだろう。私でも、あたいでも、おらでも、オレでも、わたし、でもなんだっていいんだ。

 

こうやって記事を書いていても、主語はどうすべきか、文末はどうするか、なんて考えている(笑)

 

ある意味職業病のようなもので中々抜けられないが、いい意味で適当でいいんだなと思った。かつて"持たない幸福論"というPhaさんの書籍を読んだことがあり、『自由でいいなぁ』と感じたことがある。

 

そのPhaさんの記事をみても、ゆる〜くタイトルなど気にせず、自由に思ったことを書いている。けれども、多くの人が共感する。きっと、飾ってない自分を前面に出している姿がいいのだろう。

 

自分自身、"自由に生きたい!"と以前から思っていたものの文章まで制限していたんだなぁと痛感した。いい意味でテケトーにじゆーーーーーうに書く。それがブログなんだろうなぁ。

 

↑のように『テケトーとかーーーーーなど今までWordpressで一度も使ったことがない。笑

 

誰もが仮面をかぶって生きているわけだが、その仮面でギッシリと固めて、良い自分ばかり見せようとする人は、清純派俳優だけで十分だ。

 

おれ、おら、わたし、自分←(主語に迷っている 笑)は清純派俳優でもなんでもない。

 

ただ、ブログに慣れすぎて適当になりすぎてしまいそうなので、書く記事によって使い分けようとは思うが、基本的には自由に書こうと思う。

 

もし、かた〜い文章を書いている、見栄を張って良く見せようとしている、けどそういうのが堅苦しくて自由がいいという人は、一旦そういったものを捨ててしまうといいかもしれない。

 

 

【書評】堀江貴文『好きなことだけで生きていく』図解付き

 f:id:team-sho:20170519200532j:image

 

 

f:id:team-sho:20170518204326p:plain

  

『好きなことだけして生きていく』ことを誰もが望むことだが、私たちは世間の目や教育の洗脳によって自分がやりたくないことを嫌々している。そんな中で堀江貴文さんは以下のようなことを述べている。

 

自分の人生は、自分の責任でもって、自分自身で決めてほしい。そして、一寸の後悔もないよう、いや、後悔したとしてもそれが自分の決断による後悔だから受け入れられるよう、そんな生き方をしてほしい。

 

このように『一度きりの人生だから後悔しないように生きよう』と誰もが思うのではないだろうか。それを理解していても、環境、経済力などを理由に変わらない日常を過ごしている。いつの間にか漠然としたまま人生を終えてしまう人が多い。

 

日本人の特徴ではあるが安定的、平気的、そんな人生を送ることが『美』とされる風潮があるが果たしてそれがあなたにとって楽しい人生なのか、を考えさせられる。

 

第1章

 

f:id:team-sho:20170518204351p:plain

 

 大学は4年で400万円以上を『払って』授業を受けに行く。そして、実際に真面目に授業を受けている学生は少ないし、ただ学歴欲しさに奨学金という借金をする生徒までいる。そして、就職し就職先ではいきなり数十万というお金を『もらって』最初は勉強しながら仕事をする。この学校教育と職場環境のお金を介した仕組みのギャップがあまりにも大きすぎる。だから、僕は『月額1万円を払い、遊んでもいい、仕事してもいい』という場をつくった。こういう場なら人は積極的に動く。(HIU 堀江貴文イノベーション大学校)

 本当に学びたいことであれば、そのことにお金をかける意味はあるだろう。しかし、それがワクワクしないことなのに奨学金という借金までして学ぶ必要あるのか?ということを提示している。

もし企業が学歴関係なく採用する世の中であれば、自分の好きなことに早い段階でお金も時間も費やす人が増えると思う。それに今の時代は学歴よりも面白いことを考えてカタチにした人が重宝されると思う。

その例としてYoutuberという人たちがいる。彼らは面白いと思うことをカタチにしてお金にしている。『Youtuberでお金を稼げるのは一握り』という大人も多くいるが、それは嫉妬心のある人や試したことのない人が言っているにすぎないと思う。

これからAIやロボットによって、仕事が減っていき、もっと彼らのようにアイデアをカタチにしていく人が増えていくだろう。

 

第2章

 

f:id:team-sho:20170518204410p:plain

 

『過去』でも『未来』でもなく『今、ここ』の瞬間の心と体に意識を向ける。実際に『今、ここ』に意識を集中させると、否定的な概念は非常に起こりにくい。

 『過去』や『未来』を考えて生きていても仕方がなく、『いま』を生きるということに焦点を当てることによって後悔のない人生を送れるということだろう。

また、物事の色んなことにあれこれ意識を向けるのではなく、1つの好きなことにフォーカスした方が没頭できる。

私自身、過去に"稼げる"という情報にあれこれ目を向けていた時期があるが、そういうことではなく、好きなことをマネタイズしていくということが没頭につながるのだと思う。

 

どんな業界だろうと『自身をコツコツ積み上げる』ことを絶対に忘れてはいけない。そして、『この業界じゃない』と気づけば『畑』なんて何回変えてもいい。

どんなことが自分に適しているのか?と自問自答して考えがちだが、その解はやってみること以外にない。『自分がやってみたい! 』と思うことをやってみて違うと思えば他のことをやる。

『これをやる!』と決めて挫折し、失敗し、恥をかいても気にする必要はないということだろう。

要は『〜したらどうだろう。』『〜したら他はダメ』ではなく、まずやってみるということなのだろう。小さなことでもいいから何かを踏み出すことに意味があるのだと思う。

 

第3章

f:id:team-sho:20170518204442p:plain

 僕は自分がする必要のない稼働を極力減らして、最大限に時間を効率的に使おうと工夫している。時間のかかるアポの調整なんかは丸投げしているし、稼働時間や細切れの時間もスマホなどで常に情報収集している。それぐらい自分の時間について考えているし、僕だけにしかできないことをするために、自分の時間を大切にしている。

IT時代によって多くが今まで時間がかかっていたことが短縮でき、便利になっている。そして、AIやロボットにより、ますます私たちがやるべきことは減ってくる。そうなると『自分にしかできない』ことのみ重視すべきということだ。

『自分にしかできない』ことをするあめにもヒト、モノ、時間、言語、情報など様々なことをシンプルにしていくことが必要になってきているのだ。

 

第4章

 

f:id:team-sho:20170518204712p:plain

 いい質問をしようと思ったら『取材対象者が、どれだけの情報を持っているか』ということを事前に調べ、目安をつけておくべきだ。つまり、相手の『知識』や『理解』『興味』の水準を的確に見積もることが重要だ。

 

コミュニケーションをする際に気をつけるべき点として、相手への配慮が必要だ。なぜなら、そうすることによってコミュニケーションが円滑に進むからだ。

 

つまり、この配慮がないことでコミュニケーションがスムースに進まないというのは、時間泥棒ということである。誰にも時間は限られているからこそ、配慮が必要ということなのだろう。

 

こういった背景を共有するために、たとえばお笑い芸人は漫才をする際に必ずお客さんと背景を共有する。こんなフレーズが好例だ。

 

『俺コンビニの店員やるからお前、お客さんやって』ということを伝えることによってこれからどんな設定なのかということが明確になる。

 

このフレーズを伝えずに、コンビニのやり取りをしたらお客さんからすると意味不明だ。認識するまでにタイムラグが生じる。この"時間"が無駄ということなのだろう。

 

話を元に戻すが、私たちはコミュニケーションする際には、相手のことを事前調べなり、話題、背景などを気をつける必要があるということだ。

 

第5章

f:id:team-sho:20170518204741p:plain

 

断言しよう。これからは『遊び』が『仕事』になる。『遊び』を『仕事』にできる。これには3つのステップがある。1つ目は『作業にハマること』2つ目は『思いを持って毎日発信すること』3つ目は『油断しないこと』

上記のように堀江貴文さんは述べている。遊びを仕事にするというのは漠然とではなく、このように3つのステップを大切にする必要があるということ。前提としてだが、"遊び"を嫌々する人はいないはずだ(笑)

 

ただ、その"遊び"をマネタイズするのであれば、そのことについて膨大な時間を注ぎこみ戦略的にこれらのステップを踏めばいいということだ。しかし、このステップが意外に難しいと思う。

 

当たり前のことを当たり前に続けるというのは案外難しいと思わないだろうか?

 

たとえば、ダイエット、起床時間、筋トレ、ストレッチ、準備運動など身近なことを思い浮かべてみたが、これらを毎日繰り返し継続している人は少ない。

 

これらは"遊び"の要素に関係ない例だが、私自身も今日から好きなことに没頭して、繰り返し、継続することをしようと思う。

 

おわりに

私自身、HIUにはいっているわけでも、堀江貴文さんの信者でもない。しかし、かつてのイメージだけで、"彼から何も学ぶことはない"と決めつけるのは本当にもったいないと個人的に思う。

 

しかし、『安定志向で何かにチャレンジしたいと思わない!』『平凡のままな人生を特に変えたいと思わない』という方には無理にオススメはしない。

 

人それぞれ良い部分も、悪い部分も必ず存在しているからだ。確かにHIUの勧誘が少々多く感じる本ではあるが、『好きなことをしたい』けど中々一歩踏み出せないという人には良書だ。

 

この書籍を読めば、Youtubeホリエモンチャンネルでメルマガ読者に対しての質問の答えが素っ気ない理由などもわかるだろう。笑

 

ちなみにまだ、ブログ開設して間もないため、アフィリリンクではないのが残念(泣)だが、これかも沢山の本を紹介していくので読者登録やシェアして頂ければと思う。

 

www.amazon.co.jp

はてなブログ初心者なのに、最初から独自ドメイン取得して、はてなブログProにした理由

f:id:team-sho:20170513001018j:image

はてなブログ初心者なのに何考えてるんだ!』なんて声が飛んできそうですが、いきなり2年契約を結びました。

 

・ブログを本格的にやってみたい!

・とりあえず飛び込んでみる!

 

以上の理由ではてなブログProの契約をしました。継続しなければバカですね。(笑)でも飛び込むことに意味があると思っています。

 

ブログを始める時によく調べる人であれば、無料ブログか有料ブログかで悩むと思うんです。

 

私自身、他の無料ブログを使っていたのですが、いつも三日坊主で続かないということが多々ありました、、、。

 

ただ、私自身、以前、情報発信をする必要性がありレンタルサーバーを借りて、wordpress(有料ブログ)一年契約しました。

 

すると不思議なことに200記事くらい記事を量産して一年間継続できた経験があります。

 

きっと契約を結び代金を支払っていることで、『記事を書かなきゃ代金が勿体無い』という意識が芽生えたんだと思います。

 

とりあえず、先に代金を払ってしまえば、損したくないという気持ちが出てくるんですよね…。

 

この考えってブログの契約だけに限らず、旅行、セミナー、レストランとかでも同じです。

 

『〜しようかな〜。』と考えているだけで代金を支払っていないと、『やっぱ面倒だからいいや』ってなることが多いんですよね。

 

代金を先に支払っておくと当日までは嫌な気持ちがあったとしても『なんだかんだで、経験してみたら良かった』ということはよくあります。

 

恐れずにとりあえず飛び込む!

 

・継続できない可能性
・飛び込んでうまくいかない可能性
・経験してよくなかった場合のリスク

 

その後がダメだったとしてもその時はその時だから気にしない。私は飛び込むことに意味があり大切だと思ってます。

 

現在の目標はとりあえず、100記事まで継続して書くことです。また、読者の方が100人を目指します。

 

目標は、達成したらどんどん変えていこうと思います。ブログが継続しているか?ぜひ、チェックしに来てくださいね(笑)

 

タイトルの付け方、見出し、色合い、文章など多くのはてなブログの方を参考にさせて頂きます。

 

100記事達成する頃には、文章がうまくなっていると信じて、とりあえず飛び込み、はてなブログProを契約してみました!

 

文章が上手なライターさんなどご意見、感想等ありましたら、コメントお待ちしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己紹介


お金、時間、人に制限され、生きている実感がなかった…。


私は18歳のときに大学受験に失敗しました。目的もなく進学の道を選び1年間浪人することになりましました。

1日500円以下の食費…
全て断ち切った友人…。
毎日10時間好きでもない勉強…。

こんな最悪の条件下で
お金も時間も人間も全てを
制限された人生を1年間過ごしました。

1年後に受験を受けたものの1校を除いて全て落ちました。その1校は願書を書けば受かるような学校です。

本当に1年間何してたんだろう。
学歴社会の中で一定の水準以上の
学校に入れなければ人生負け組…。

そんなことを思いながら結果を受け入れられず、3日間、風呂も入らずご飯も食べず暗闇の中でボッ〜としてるだけ。

1度踏み外したら2度と這い上がれないんだ。そんなネガティヴな思考を繰り返し
拒食症、睡眠障害、顔面神経痛、対人恐怖症、などの心の病を経験しました。


このままの人生を諦めていいのか?


ずっと模索を繰り返しましました。
何か進学したら見つかるかもしれない。

一度きりの人生が学歴で全て決まること
そんなつまらない人生でいいのか?

もう変えられない過去は忘れて未来を生きるしかない。『いつか絶対何かで這い上がってやる!』

そんな漠然な思いで進学することに決めました。結果的に勉強に夢中になれませんでしたしサークルなどにも入りませんでした。

浪人時代、500円以下の生活をしていたということもあり、シフトを入れまくりバイトに夢中になりました。

休日10時間労働は当たり前、週6で働いていた…。肉体労働、コールセンター、寿司のデリバリーなどいくつも掛け持ちをしました。

当時は、ブラック企業だとも思いませんでしたし、むしろ長く働くことはいいことだとさえ思っていました。

学生なのに多いときは週6で働いていました。休日は10時間労働も当たり前です。

しかし、、

その疲労が溜まったのか標識を見間違え、宅配のデリバリーのときに交通事故を起こしました。

十字路で坂から降りてきた車とおもいっきり衝突…。

ぶつかった瞬間不思議な感覚になりました。頭が真っ白になり『あ、死ぬかな?』そんなことが頭をよぎりました。

不幸中の幸いで全くの無傷でした。
事故後、人間いつ死ぬのかわからないことを強く再認識した瞬間でした。


働けば働くほどお金、時間から自由になれない


事故を起こしたので休養することを理由に全てのアルバイトを辞めました。

そして模索します。
どうしたら少ない労力でお金と時間から自由になれるんだろう?

徹底的に調べていきネットビジネスがお金と自由の両方から自由になる道だ!ということに辿りつきました。

そして私が数あるネットビジネスの中で
取り組んだのが『物販』でした。

『物販』は即金性がありすぐに成果が
現れやすいとのことから不用品をまず売りました。

するとみるみるに売れていき
これは量を増やせば『商売になる!』
そう確信し本格的にビジネスを開始。

不用品を売った後は
安く仕入れられて高く売るものを調査しました。

そうすると『中国輸入』がどうやら
安く仕入れられるとのことだったので
スマホケースを個人で仕入れてみました。

たった10個仕入れて売っただけですがそれだけで1万円の利益を達成。次に100個仕入れて10万円達成しました。

『もっと稼げるようになりたい』そんな想いからコンサルを38万円で受けました。物凄く学ぶことはありましたし、行動、行動、行動してきました。

外注化したので結果として自動で無在庫販売と中国輸入で30万円稼ぐまでになる。しかし、ある時を境に私が持っていた複数アカウントがたった3日にして全て停止。

私は上下関係が大嫌いでいつも外注さんとは水平の関係を保っていました。そのため、全てをアカウントが停止したことについて厳しい意見を頂きました。

この時は、稼ぐことに必死で綺麗事など必要なく『稼げればどんな方法でも良し』というスタンスでビジネスをしていました。

しかし、外注さんの意見や自分なりに考え抜いた結果、無在庫販売はお客さんに失礼だと認識する。それから物販は有在庫のみで中国輸入に取り組むも品質でのクレーム、値下げ合戦による価格崩壊。

利益は原価が安いので出しやすいが、稼ぐ人は資金力がある人やOEMをしている人が多いことに気付く。

その結果、在庫分はネットショップで販売しているものの、ビジネスとしての『物販』から手を引き、いまは趣味感覚で『物販』に取り組んでいる。

その後、ある一冊の本に出会う。それがインターネットビジネスマニフェストである。ビジネスの本質というものに気付かされる。

この書籍によると

ビジネスは、どのビジネスを選ぶのかという時点で勝敗が決まっているようなもので、『みんなが稼げる。というからといってその市場に飛び込んではいけないとのこと。』このようにチャンスを追い求めていても成功は出来ない。

成功する人というのは、自分の得意な分野を把握してその強みを生かした分野でビジネスをするそうだ。

まさに本質を見抜かれたようだった。そして、私の得意と強みは何なのかを追求した結果がライティング×コミュニケーションだと思っている。

そして、現在ブログアフィリエイトに挑戦中だ。この選択が正しいのかどうかは後になってみなければわからない。

"アフィリエイターの95パーセントが毎月5000円稼げていない"というどこから出たのか分からないデータの5パーセントになりたいと思っている。

まずは、小さな目標を達成し、ライティング力も上げていきたいと思っている。将来的にはコミュニティを運営したいと考えている。

人に合わせることなく、自分の人生を大事に生きる!そして、一人一人との"出会い"を大切にしたいと考えています^_^

長くなってしまいましたが、色んなジャンルの記事を沢山書いていきますのでよろしくお願いします!